<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
好好回上海的第一次見面
昨天和好好見面了~~~真的是好久不見了~~~很想念她~~~想念一起血拼的日子。
昨天終于我們又再一次一起敗金了,真是開心呢~~
首先去了東方美莎買日式風格的衣服~~~然後隨便在來福士的大食代吃了飯。

以下是我們血拼后補充的營養:


好好的蝦仁飯~~~

我的日式烤雞飯~~~

吃完后,我們又去了一店東樓買網球拍和網球服,好好買了件超讚的粉紅網球服哦~~~超可愛!!!
以下是我的第一把網球拍~~~愛死了!!!抱著睡覺ING

[PR]
by kadaseyuki | 2005-06-18 13:36 | 美味日誌
神戸風月堂
松平楽翁公と神戸風月堂の由来

延享四年(1747年)頃小倉喜右衛門は大阪から単身江戸に移り、 京橋鈴木町で「大坂屋」と屋号を呼び、姓を「大住」と改めて、菓子製造業をはじめ、諸大名方のご用をつとめておりました。
 寛政初年(1789~1800年)閣老松平楽翁公より、ご常用御菓子の調進を命ぜられましたが、常に質素と衛生とを重んじられる公のお心をくんで、そのご用命には細心の注意を払い、ていねいに、清潔に、ま心こめて調進申し上げました。
 この事が、公のお耳に入り、その誠実、潔白な人柄を愛でられて、 格別のおぼしめしをもって、「風月堂清白」の五文字を商号にするようにと賜りました。
 これは蘇東坡(1036~1101年)の「後の赤壁の賦」の中「風清月白」の語をえらばれたもので、しかも、「風月」の二字は公の雅号でありました。 老中越前守水野忠邦公(1796~1851年)は、これを聞かれて、「この上ない名誉である。自分も錦上更に花を添えよう」と仰せられて、当時第一の書家市川米庵先生(1779 ~1858年)を水 野邸に招き、白い布に隷書体で風月堂と揮ごうさせられ、これを店頭に掲げよと授与されました。ここに、「大坂屋」の紺のれんをはずして、力づよい筆あざやかな三大文字風月堂の白のれんを掲げることになりました。
 吉川家は、250年にわたり、代々「吉川屋新七」の屋号のもとに神戸市海岸通三丁目で回漕問屋・旅館業を営んで参りました。ところが、明治初年、家業を足袋商に転じ、さらに、洋服商を経て明治26年、町内市田左右太氏のご指導により、初代吉川市三が、東京南鍋町の風月堂に徒弟奉公に入りました。
 市三は、以来洋菓子を主として、菓子業の修業に鋭意研鑚を積み、無事に勤めを終え、本店大住様からの「のれん」を頂戴いたし、明治30年12月12日現在の場所に神戸風月堂を開店いたしました。
 その後、連綿として、この由緒深いのれんを守り、菓子づくり一筋に今日に及んだのであります。

プティーゴーフル:




本当に美味しいですね~~~一日間だけで54枚を食べちゃった~~
うめい~~~

Official Website
[PR]
by kadaseyuki | 2005-06-18 13:25 | 零食物語
揚州之行的美食特集--富春茶社
富春茶社


富春茶社全景

富春茶社店面

店内牌匾

古色古香的氛围

古老的落地摆钟

后院牌匾

茶社后院

富春茶社座落在扬州市中心繁华地段的得胜桥,始建于1885年,是一座闻名中外的百年老店,国家特级酒家及淮扬菜、面点的正宗代表。百余年来,形成了花、茶、点、菜结合,色、香、味、形俱佳,优、静、雅、适兼之的独特风格。

富春茶社的名点三丁包荣获全国“金鼎”奖,千层油糕、翡翠烧卖誉称“双绝”,蟹黄包、野鹦菜包等名点应时迭出。精细点心更是品种繁多,名式酥点形态逼真,应有尽有。

富春茶社的名茶佳肴风味纯正,滋味隽永。大煮干丝、鸡包鱼翅、富春鸡、什锦蛋炒饭、水晶肴肉等名扬四海。


魁龙珠茶

三丁包、蟹黄包、野鹦菜包

千层油糕、翡翠烧卖、蒸饺

富春汤包



其他小食

[PR]
by kadaseyuki | 2005-06-14 15:27 | 美味日誌
揚州之行的美食特集--福満楼大酒店
福满楼大酒店


福满楼大酒店座落在扬州繁华的汶河北路与美食街的交汇处,毗临明代古迹四望亭,占尽地利之便。三楼有宽敞明亮、宁静舒适而又装潢豪华的18间包厢;二楼的布局新颖独特,充满了温馨祥和的气息;底楼大厅能同时容纳几百人用餐,并配备舞台、音响,是举行婚宴的好场所。酒店以正宗维扬菜系闻名于扬州。采用独特的炖、焖、烤、炸的制作方法,烹调出的菜肴具有清淡入味,咸甜适中,造型优美,色泽艳丽的特点。特色菜肴有:美果凤尾虾仁、清炖蟹粉狮子头、红扒鲢鱼头、鸡汤鱼翅堡、翡翠玉兰片、脆皮红烧乳鸽。

餐车

饭前开胃小菜

青菜面筋

清炖蟹粉狮子头

扬州干丝

蟹粉双蛋黄豆腐

红扒鲢鱼头
[PR]
by kadaseyuki | 2005-06-14 15:10 | 美味日誌
揚州之行的美食特集--共和春洒家
共和春洒家


共和春洒家始建于民国19年(1930)5月,老板王学成开店于南柳巷大儒坊口,取名共和春饺面馆,经营饼面、锅贴、单饺等。品种随季节而变,端午售粽子,春天卖春卷,冬季有蜂糖糕。解放后,迁甘泉路38号。1985年,增加供应酒席菜肴,更名为共和春酒家。

其传统特色品种是饺面,面条由人工跳压,刀切制成,下锅不烂不粘,入口爽滑。饺子皮薄肉鲜,形似麻雀头,边如荷叶,煮熟后饺头向上,宛如朵朵荷花。操作严格,以晒干的伏天湖虾籽为佐料,下出的饺面汤鲜饺嫩,面条柔而不断。因价廉物美,为市民所喜爱,历经50多年而不衰。


蒸饺

锅贴

饺面
[PR]
by kadaseyuki | 2005-06-14 08:56 | 美味日誌